TOPICS

戻る

「ナイキ」工場廃棄物をソールに使った新作シューズ

「ナイキ」工場廃棄物をソールに使った新作シューズ

ナイキは、工場で出た廃材やリサイクル素材を使った「スペース ヒッピー」を発売する。製造過程で排出される「宇宙ゴミ」と呼ばれるスクラップをアッパーやソールに採用。アッパーのエンジニアードニットは、プラスチックボトルやTシャツ、糸くずなどを含む100%再生素材から製作。クッショニング部分はランニングシューズ「ベイパーフライ4%」の製造工場で出たスクラップで「ズーム X フォーム」を再構築した物を採用している。

  詳細はこちら