· 

スポーツ業界で働くことをイメージする1day仕事体験会を開催


SSK野球とヒュンメルの展示会で営業体験のワークショップ

就職/転職支援サービスのSSKリレーションズは、株式会社エスエスケイが展開するSSK Baseballとヒュンメルの2022AWシーズン展示会に学生を招待する「1DAY仕事体験会」を企画。東京、大阪での4日間で約40名の学生が参加しました。

 

■スポーツ業界で働く面白さ

SSKリレーションズは、エスエスケイグループ75年の繋がりを生かし、スポーツ業界への就職や転職支援を行っています。また、エスエスケイの採用支援も行っており、今回、学生からの要望も寄せられていた展示会の見学を軸に、1日仕事体験を開催しました。

 

 

SSK Baseball、ヒュンメルの2022AW展示会の見学を東京と大阪の会場で実施。合計4日間の体験会としました。午前中のスポーツ業界研究から始まり、午後は営業戦略会議(展示会に向けて全営業が出席する会議)のビデオを視聴。商品開発から、販売方法、ユーザーの手元に届くまでのプロセスを学び、その後、展示会場では実際に商品を見ながら、開発や営業など多くの社員と対話することでスポーツ業界に興味関心がある学生たちに、広くスポーツ業界の仕事の面白さを伝えました。

 

 

また、商品開発を体験する場として、SSK Baseballコースではグラブ、ヒュンメルコースではユニフォームのオーダーシュミレーションを行い、学生一人ひとりがデザインコンセプトのプレゼンを実施。学生ならではの新鮮な視点が盛り込まれ、同席した担当者は、「そんな考え方があったかと気付きも多かった」と、盛り上がりました。

 

 

先輩社員との座談会では、年齢の近い若手社員がエスエスケイで働くことの魅力や仕事の失敗談などを率直に話しました。営業と開発の両方を経験した男性社員は、「営業・開発それぞれの視点でものづくりができることに仕事のやりがいがある」と語り、短大卒の女性社員は、「学歴に関係なく責任ある仕事が任され、評価されることはやりがいに繋がる」と話しました。

 

 

参加した学生からは、「野球のイメージが強かったが、野球以外のスポーツにも展開していることや、卸として他のメーカーとも関わりがあることを知り、魅力を感じた」、「スポーツに関わるといってもさまざまな観点からの関わり方があるのだと知ることができた」、「今後も自分の目で見て耳で聞いて、直接情報を得ることの大切さを学んだ」などの声が上がりました。

■仕事体験会を終えて

オンライン形式での仕事体験が主流となっている昨今、スポーツ業界で働く楽しさを直接感じとってもらうため、対面形式にこだわって開催した1DAY仕事体験会。

普段は関係者限定で開催している展示会への参加もあり、人の交流を通じて商品が生まれることやスポーツを仕事にする楽しさを、対面形式にすることで、より実感してもらうことができたと思います。また、スポーツ業界に興味関心があるという同じマインドを持った学生同士の交流ができたことも、この仕事体験会の魅力のひとつとなりました。この仕事体験会を通して、スポーツ業界を一緒に盛り上げてくれる仲間が増えることを心待ちにしています。

 

■参加学生アンケート結果